訪れるが人少ない隠れた名所寿福寺

今回は、寿福寺です。規模の大きな有名な寺とは異なりますが、この寺の魅力をご紹介します。

鎌倉五山第三位の寿福寺は、JR鎌倉駅から徒歩10分ほどの場所にあります。寿福寺は、北条政子が1200年に創建しました。寿福寺が建てられた場所は、源義経の屋敷があった場所であるなど源一族に由来する地でもあります。美しい畳の境内には、北条政子のお墓もあり、見どころ満載です。

因みに、お茶の文化を広めたのは、寿福寺の住職であった栄西が中国から持参したお茶の種を各地で栽培したことが始まりだとされています。開山した栄西は、寿福寺に来る前は比叡山延暦寺で修行をしていました。しかし、禅の教えが京都で反対されたため、北条政子に迎えられたと言われています。

寿福寺は、参道の参拝と北条政子、源実朝のお墓参りは可能のですが、それ以外のエリアは普段は境内を非公開としています。お正月に1週間くらいと、ゴールデンウイーク中に特別公開で入ることが可能となっています。その年によって公開日程が異なっていますので、しっかりチェックしておく必要があります。

境内に建てられている仏殿は2度の火災により、1664年に再建されています。仏殿の中には、国宝の釈迦三尊像が安置されています。この脱活乾漆造の仏像は、高さが3メートルほどある大きな仏像で、鎌倉時代に作られました。当時の仏像の作り方としては非常に珍しい作り方だと言われており、撮影は不可とされています。

仏像の両脇には、堂々とした仁王像も祀られています。総門「寿福金剛禅寺」をくぐるとまっすぐに伸びた柱式の石畳みが中門へと続きます。石畳みの両側には杉の木が植えられ、荘厳な雰囲気を感じることができます。

墓地は、中門の左手にある竹林を進んでいくと洞穴のようなお墓が見えてきます。北条政子のお墓の他にも、高浜虚子などのお墓もあります。中門からお墓真では約5分くらいかかります。燈籠の側には鎌倉市指定記念物のビャクシンの古木が植えられています。このビャクシンは、火災で仏殿が消失した際にも焼けずに残っていたと伝えられています。

寿福寺は、興味のない方が普段行くと何もない場所に感じられるかもしれません。
しかし、特別公開は年に数日しかありませんので、事前に日程を確かめて行くと非常に興味深い体験をすることができるでしょう。

撮影不可の仏像は、ネットで検索しても中々出てきませんので一見の価値があります。また、訪れる人が少ないため、苔が美しく紅葉の季節は静かに美しい紅葉を楽しむことができます。周辺には、鶴岡八幡宮などの有名観光スポットもありますので上手に周ってみましょう。

美しい青のあじさい寺でもよく知られている明月院

こんんちは、矢口敏和です。今回は紫陽花寺の一つ、明月院をご紹介します。

明月院はあじさい寺という名称でもよく知られる神奈川県鎌倉市の寺院です。明月院は、臨済宗建長寺派に所属している寺院で、あじさいの名所として知られています。

この寺院の開基は上杉憲方、開山は密室守厳といわれていますが、この点については、明月院の起源は1160年に山内首藤経俊が平治の乱で討たれた父の菩提寺、明月庵だともいわれています。経俊は明月庵建立の草創、憲方は中興者と見る人もいますが、実際の開基は憲方とするのが通説となっています。

明月院の境内にあるあじさいのほとんどはヒメアジサイという品種で、淡い水色から日ごとに青みを増していくという特徴をもっています。

初夏頃には約2500株ものあじさいを境内で眺めることができ、その時期にはあじさいが美しく変化する様子を楽しむことができます。

明月院はベストシーズンでもある6月は午前8時30から午後17時まで公開されています。6月以外の時期は午前9時から午後16時までとなっています。

見どころ

境内にはあじさいのほかにも梅や桜、モミジやカエデなどが植えられ、1年を通して美しい自然を楽しむことができます。また、自然の他にも、枯山水の庭園ややぐらなどの見どころもたくさんあり、毎年多くの人々が訪れています。やくらは鎌倉の中でも最大級ともいわれ、みごたえがあります。

明月院境内は1984年2月に国の史跡指定を受け、その境内には北条時頼廟や北条時頼墓などがあります。また、鎌倉十井の1つとされている瓶(つるべ)の井もあります。この瓶の井は甕(かめ)の井ともいわれています。

また、明月院には重要文化財に指定されている木造上杉重房坐像や紙本著色玉隠和尚像、紙本淡彩明月院絵図があります。そして、鎌倉時代には珍しい塑造の肖像彫刻塑造、北条時頼坐像なども観ることができます。

矢口敏和おすすめのシーズン

明月院はやはり初夏に見ごろを迎えるあじさいを楽しみたいという人が多いお寺です。平日でも大混雑しますが、6月の時期に行くのがおすすめです。特に山門へ続いている参道の両サイドに咲くあじさいはたいへん見事です。

日本の古来品種のヒメアジサイの青い色の花の美しさは明月院ブルーとも呼ばれ、いつまでも見る人を飽きさせない美しさがあります。このように、明月院は鎌倉を訪れたらぜひ訪れたいお寺といえます。

アクセス

アクセスについてはJR横須賀線北鎌倉駅を下車して10分ほど歩くと到着できます。また、鎌倉駅から江ノ島電鉄バスに乗り、明月院で下車して徒歩5分ほどで着くのでアクセスも良好です。

矢口敏和も一押し! 竹林でよく知られる竹のお寺、報国寺

こんにちは、今回は私、矢口敏和が特に好きな報国寺です。竹林を見ながらの抹茶は格別です。

報国寺は禅と竹の庭などで有名なお寺で、神奈川県鎌倉市にある臨済宗建長寺派に属する寺院です。その山号は功臣山で、本尊は釈迦三尊、鎌倉三十三観音霊場の第10番の札所です。境内にある竹林のため、竹の寺という名前でも呼ばれています。

報国寺は1334年(建武元年)、天岸慧広の開山によって創建されたと伝えられ、開基報国寺の開基は足利家時とされていますが、上杉重兼も寺の創設には関わっているといわれています。また、1438年(永享10年)の永享の乱で敗れた鎌倉公方足利持氏の子の義久が自刃した寺であり、関東における足利公方終焉の地ともされています。

そのような歴史の地に、現在は美しい竹が生い繁るようになり、報国寺は日本だけでなく世界にも知られている竹林の美しいお寺となっています。

竹林だけではなく、お寺の入り口には枯山水庭園があり、とてもよく手入れされていて見ごたえがあります。そんな報国寺には東帰集1冊、1巻(附:絹本著色仏乗禅師像、堆朱印櫃入木印2顆)や仏乗禅師度牒1通、仏乗禅師戒牒4幅などがあり、重要文化財として指定されています。

著名な作家として有名な川端康成も以前、報国寺近くに転居し、このお寺をよく散歩していたといわれています。

報国寺の魅力

毎日散歩したくなる雰囲気が報国寺にはあり、境内には石塔やお地蔵さまなどがあり、苔の濃淡のコントラストの中で訪れる人が心静かに眺められる魅力がたくさんあるといわれています。

一木一草が歴史を語り、功名手柄をたてようといざ鎌倉と馳せ参じた若き武士たちの情念に思いを致しながら、竹林の中で静かに思い描くことができるのもこのお寺ならではといえます。

矢口敏和おすすめのシーズン

そんな報国寺のベストシーズンはその竹林が青々と美しい色をつける春から初夏の時期といえます。暑い日差しの時期でもこの中にいるとまるで時間の流れを忘れるような静けさの中にいることができます。そんな時間が流れているのが報国寺なのです。

アクセス

報国寺へはなるべく公共の交通機関を利用してアクセスするのがおすすめです。

駐車場は若干ありますが、報国寺は鎌倉駅からバスで約12分でアクセスできます。徒歩だと約40分かかります。

鎌倉中心部からは離れていますが、JR 鎌倉駅へは電車なら、東京駅からJR横須賀線直通で約60分、品川からなら約50分、新宿駅からJR湘南新宿ラインで直通 約50分でアクセスできます。

そして、京浜急行バスの鎌倉霊園 正面前太刀洗・金沢八景行きやハイランド行きで約12分、浄明寺バス下車後は徒歩3分で到着できます。車なら、横浜・横須賀道路の朝比奈インターから10分くらいです。

重要文化財と歴史ある木々を楽しむ事ができる鶴岡八幡宮

こんにちは、矢口敏和です。今回は重要文化財である鶴岡八幡宮のご紹介です。

京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたのが始まりとなる鶴岡八幡宮。
鎌倉時代に源頼朝の力によって、鎌倉幕府の宗社にふさわしい上下両宮に整えられ、鎌倉の町作りの中心になりました。

そんな鶴岡八幡宮には、貴重な文化財が多くあり、国宝をはじめ、重要文化財、県指定文化財、市指定文化財など多くの宝物が保管されています。その上、建物自体も重要文化財に指定されていおり、上下両宮、大鳥居などもその一つです。

そんな重要文化財に触れることができるほか、四季折々の花も楽しむ事ができる鶴岡八幡宮。

八幡様と安産の木と言われている槐は、八幡宮の御祭神である応神天皇様がご誕生した際、御母神功皇后さまが傍らに置かれたという事から安産を願う「子安の木」としての信仰されています。

その他、昭和38年に市天然記念物に指定された若宮の東側に柏槇も鎌倉時代の歴史を語る木として有名な木となっています。幹のまわりは4mを超える大木。

代将軍源実朝が宋の国より種苗を取り寄せたと言われています。もちろん、四季折々の花も楽しむ事ができるため、開化の時期に合わせて花と歴史ある木々を一緒に楽しむ事もお勧めです。

費用は時期によって異なり、一般300 円~600 円程度。小・中学生:100 円~200 円程度となっています。

矢口敏和おすすめの見どころ

境内の見どころとしては、正面の両側に広がる源平池。そんな、源平池には8月になると蓮の花が咲き誇ります。

その他、境内には、市立鎌倉国宝館があり、神奈川県指定文化財の十二神将立像や薬師如来立像。重要文化財の銅造薬師如来坐像や地蔵菩薩立像などを拝見する事が可能です。また、この博物館では絵画や工芸、書跡・古文書なども展示されています。

時期によって、展示物が異なる事もある為、事前に展示物を調べてから訪れるといいかと思います。

アクセス

鶴岡八幡宮へには、小町通りを通るグルメ、ショッピングを楽しむルートと段葛を通る歴史情緒を楽しむルートがあります。

公共交通機関を利用の場合、JR鎌倉駅東口から徒歩10分、江ノ電鎌倉駅から徒歩10分。

また、車の場合は、横浜横須賀道路・朝比奈I.C.から5kmほどで、駐車場は普通車で40台程度となっています。

ただし、この鶴岡八幡宮の駐車場の場合、事前に予約する事が可能となっており、予約してから訪れる事で駐車場探しに苦労するといった負担を軽減させる事が可能です。これらのアクセスとルートを踏まえ考えてから訪れるといいかと思います。

矢口敏和おすすめの紫陽花寺、成就院は初夏がベストシーズン

矢口敏和です。今回は紫陽花で有名な寺の一つ、成就院をご紹介します。

成就院は真言宗大覚寺派に属している寺院で、神奈川県鎌倉市にあり、鎌倉33観音の21番目の札所となっています。成就院の寺号は法立寺で本尊は不動明王です。また、成就院はあじさいの寺としてもよく知られており、初夏の頃に美しいあじさいを楽しむことができます。

その昔、弘法大師が虚空蔵求聞持法という修行を行った際、百日間にわたる諸国巡礼の中で、この地を訪れたことが伝えられています。承久元年(1219年)にその霊地に北条泰時が開創し、北条一族の繁栄を願ったといわれているのです。元弘3年(1333年)の新田義貞の鎌倉攻めの際には、戦火でお寺は焼け落ちてしまったのですが、江戸時代に再建されました。

このお寺の参道には般若心経の文字数と同じ262株のあじさいが植えられていますが、現在は工事などのために数年後まで参道のあじさいは咲かないということだそうです。成就院には平安時代末から鎌倉時代初期時代の僧、文覚の荒行像があります。

そして、明治時代から大正時代にかけて活躍した彫刻家の荻原碌山はこの像を見たことで深く感銘を受け、その後の代表作の文覚の制作につながったといわれています。

また、成就院の本尊の不動明王の分身像には縁結びのご利益があるとされており、不動明王の剣を持つ右腕の形が腕を組んでいる姿に見えることから、縁結び利益があるといわれています。

人気のパワースポットとしても多くの人々が訪れている成就院はとてもおすすめの鎌倉の人気スポットです。

矢口敏和おすすめの見どころ

成就院の見どころと言えば、初夏に美しい花をつけたあじさいが両側に並ぶ石段と相模湾の眺望ですが、初夏だけでなく、春のイワタバコなどの花も楽しむことができます。

おすすめのシーズン

成就院はあじさいでとても有名なお寺で、鎌倉長谷エリアであじさい寺といえば成就院のことをいいます。

そのため、あじさいが咲く6月は大勢の観光客でにぎわっています。成就院は山の上にあり、その時期、お寺からはあじさいとともに由比ケ浜を眺められ、とても美しい景色を楽しむことができます。そのため、成就院を訪れるのにおすすめのベストシーズンは初夏といえます。

アクセス

成就寺へは江ノ島電鉄極楽寺駅で電車を降りて、徒歩で5分ほどで到着できます。しかし、駐車場はありませんので、車でアクセスしたいという場合には江ノ電長谷駅周辺の有料駐車場を利用すると便利です。

成就院は午前8時に開門され、午後17時に閉門となります。そして、冬期(11月1日~3月1日)については閉門は午後16時30分となっています。

1年中、花の絶えることのない長谷寺

初めまして、矢口敏和と申します。私がおすすめする鎌倉にあるお寺の数々をご紹介していきます。今回は長谷寺です。

見どころ

「鎌倉の西方極楽浄土」とも言われている長谷寺。その理由は、境内各地が四季折々の花木に彩られている為だと言われています。

長谷寺は、観音山の裾野に広がる下境内とその中腹に切り開かれた上境内の二つに境内地がわけられており、下境内は、妙智池と放生池の2つの池があり、池の周りは、散歩をするにはベストな環境となっています。

その他、上の境内には、本尊が安置される観音堂がるほか、見晴台に行く事で鎌倉全体を見渡せる絶景を楽しむ事も可能となっています。

海と街並みを一緒に楽しむ事ができるこの場所。鎌倉の景色を堪能するには最適な場所となっています。

そして、そんな絶景を楽しみながら眺望散策路を歩けば、有名なアジサイを楽しむ事ができる長谷寺。

長谷寺と言えばアジサイを思い浮かべる人も多いかと思います。40種類以上約2500株のアジサイが植えられており、その時期は、アジサイの径と名前を変え、楽しむ事ができる場所となります。

矢口敏和おすすめのシーズン

長谷寺を訪れる矢口敏和おすすめのベストシーズンは、梅雨時期だと言えるのではないでしょうか。

もちろん、四季折々の花木を楽しむ事ができる長谷寺の為、他の季節もお勧めですが、やはり、アジサイは、その中でも見どころのシーズンになっていると言えると思います。その他にも季節の花木の情報はホームページなどで確認する事が可能です。

その為、気になる場合は、その情報を元にベストなシーズンに合わせ長谷寺を訪れてみてはいかがでしょうか。

そんな、長谷寺には、観音ミュージアムが併設されており、様々な観音様を拝見する事が可能です。収蔵品の中には、鎌倉市指定文化財の三十三応現身像や神奈川県指定文化財の長谷寺縁起絵巻などがあり、たくさんの観音様を拝見する事が可能です。

料金は、大人300円。小人150円です。また、臨時休館日もある為、必ず確認してから訪れる事をお勧めします。

アクセス

そんな、長谷寺へは、車で行く場合、横浜横須賀道から朝比奈I.C.下車した後、県道204号にて30分ほど。

公共交通機関を利用する場合は、JR 横須賀線、鎌倉駅下車後、バス「長谷観音」下車で徒歩5分ほど。

また、江ノ電「長谷駅」下車で徒歩5分ほどとなります。その他、江ノ電を利用する場合は、小田急線、藤沢駅下車でも乗車する事が可能です。

駐車場においては、長谷寺専用の駐車場として30台ほど。近辺にも駐車場はあります。

ただし、アジサイの時期など混みあう季節の場合、満車になる事も少なくありません。その為、公共交通機関を利用した方が安心かと思われます。