鎌倉唯一の尼寺「英勝寺」

こんにちは、矢口敏和です。今回は、神奈川県鎌倉市にある浄土宗の寺院「英勝寺」ついてご紹介していきます。

鎌倉には国の重要文化財に指定された歴史建造物や寺社が点在しています。鎌倉の武家政権の中心地として様々な歴史と共に歩んできた鎌倉に、寺巡りをしに訪れる方も多いのではないでしょうか。

英勝寺の歴史

英勝寺は寛永13年(1636年)に建立されました。初期の江戸城を手がけた大田道灌の子孫「英勝院尼」が建てた尼寺として有名な寺院で、江戸時代では、総門に三葉葵の紋が挙がり水戸御殿と呼ばれる程格式の高い場所とされています。

仏殿、祠堂、唐門、鐘桜は江戸時代の初期に建築されましたが、鎌倉だけでなく当時の江戸時代のまま残されている貴重な寺院となっています。また、英勝寺は尼寺ということもあり、明治35年に寺法が変わった後、臨済宗円覚寺派の男僧寺になったことも有名です。

英勝寺の特徴や魅力

英勝寺には、江戸時代のまま残された建造物や仏像彫刻、石仏、石塔、絵画、書跡、典籍、工芸などが300点以上貯蔵されています。その中の多くが国・県・市の指定文化財となっており見どころがたくさんあります。

・総門

1643年に徳川瀬房の子ども「松平頼重」によって建立しました。1923年の関東大震災で全壊しましたが再建した後、国の重要文化財として指定されます。

・仏殿

1636年に英勝院によって建立された寺院です。運慶作の阿弥陀如来立像が安置されており、格式の高い尼寺として装飾が施されています。

・唐門

国の重要文化財に指定されていて、江戸時代初期の高度な技術であった両面透かし彫りのボタンの花があしらわれています。

・鐘桜

江戸時代初期に建築された鐘桜がそのまま残されています。スカートを履いたような可愛らしいフォルムが特徴的で、2013年に国重要文化財に指定されました。

・竹林

報国寺は竹林がある寺院として有名ですが、英勝寺にも風情ある背の高い竹林が広がっています。遊歩道が整備されていて、午後からは竹林の隙間から西日が指す風景を楽しむことができます。

・阿弥陀如来像

英勝寺の御本尊となる阿弥陀如来像は、徳川家康によって寄進されたものです。阿弥陀如来像の脇待ちには勢至菩薩と観音菩薩が祀られています。

見どころ

英勝寺は、文化的価値が非常に高い上、境内にある四季折々の花たちを眺めることができる美しい寺院です。また、尼寺らしい繊細な気遣いや綺麗に整えられた庭園を周遊することもできます。毎月末は、お抹茶をいただくことができるお茶席を利用することができるので、拝観に来られた際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

アクセス

【所在地】
鎌倉市扇ガ谷1-16-3

【交通アクセス】
JR横須賀線「鎌倉駅」西口から徒歩15分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です