重要文化財と歴史ある木々を楽しむ事ができる鶴岡八幡宮

こんにちは、矢口敏和です。今回は重要文化財である鶴岡八幡宮のご紹介です。

京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたのが始まりとなる鶴岡八幡宮。
鎌倉時代に源頼朝の力によって、鎌倉幕府の宗社にふさわしい上下両宮に整えられ、鎌倉の町作りの中心になりました。

そんな鶴岡八幡宮には、貴重な文化財が多くあり、国宝をはじめ、重要文化財、県指定文化財、市指定文化財など多くの宝物が保管されています。その上、建物自体も重要文化財に指定されていおり、上下両宮、大鳥居などもその一つです。

そんな重要文化財に触れることができるほか、四季折々の花も楽しむ事ができる鶴岡八幡宮。

八幡様と安産の木と言われている槐は、八幡宮の御祭神である応神天皇様がご誕生した際、御母神功皇后さまが傍らに置かれたという事から安産を願う「子安の木」としての信仰されています。

その他、昭和38年に市天然記念物に指定された若宮の東側に柏槇も鎌倉時代の歴史を語る木として有名な木となっています。幹のまわりは4mを超える大木。

代将軍源実朝が宋の国より種苗を取り寄せたと言われています。もちろん、四季折々の花も楽しむ事ができるため、開化の時期に合わせて花と歴史ある木々を一緒に楽しむ事もお勧めです。

費用は時期によって異なり、一般300 円~600 円程度。小・中学生:100 円~200 円程度となっています。

矢口敏和おすすめの見どころ

境内の見どころとしては、正面の両側に広がる源平池。そんな、源平池には8月になると蓮の花が咲き誇ります。

その他、境内には、市立鎌倉国宝館があり、神奈川県指定文化財の十二神将立像や薬師如来立像。重要文化財の銅造薬師如来坐像や地蔵菩薩立像などを拝見する事が可能です。また、この博物館では絵画や工芸、書跡・古文書なども展示されています。

時期によって、展示物が異なる事もある為、事前に展示物を調べてから訪れるといいかと思います。

アクセス

鶴岡八幡宮へには、小町通りを通るグルメ、ショッピングを楽しむルートと段葛を通る歴史情緒を楽しむルートがあります。

公共交通機関を利用の場合、JR鎌倉駅東口から徒歩10分、江ノ電鎌倉駅から徒歩10分。

また、車の場合は、横浜横須賀道路・朝比奈I.C.から5kmほどで、駐車場は普通車で40台程度となっています。

ただし、この鶴岡八幡宮の駐車場の場合、事前に予約する事が可能となっており、予約してから訪れる事で駐車場探しに苦労するといった負担を軽減させる事が可能です。これらのアクセスとルートを踏まえ考えてから訪れるといいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です