矢口敏和も一押し! 竹林でよく知られる竹のお寺、報国寺

こんにちは、今回は私、矢口敏和が特に好きな報国寺です。竹林を見ながらの抹茶は格別です。

報国寺は禅と竹の庭などで有名なお寺で、神奈川県鎌倉市にある臨済宗建長寺派に属する寺院です。その山号は功臣山で、本尊は釈迦三尊、鎌倉三十三観音霊場の第10番の札所です。境内にある竹林のため、竹の寺という名前でも呼ばれています。

報国寺は1334年(建武元年)、天岸慧広の開山によって創建されたと伝えられ、開基報国寺の開基は足利家時とされていますが、上杉重兼も寺の創設には関わっているといわれています。また、1438年(永享10年)の永享の乱で敗れた鎌倉公方足利持氏の子の義久が自刃した寺であり、関東における足利公方終焉の地ともされています。

そのような歴史の地に、現在は美しい竹が生い繁るようになり、報国寺は日本だけでなく世界にも知られている竹林の美しいお寺となっています。

竹林だけではなく、お寺の入り口には枯山水庭園があり、とてもよく手入れされていて見ごたえがあります。そんな報国寺には東帰集1冊、1巻(附:絹本著色仏乗禅師像、堆朱印櫃入木印2顆)や仏乗禅師度牒1通、仏乗禅師戒牒4幅などがあり、重要文化財として指定されています。

著名な作家として有名な川端康成も以前、報国寺近くに転居し、このお寺をよく散歩していたといわれています。

報国寺の魅力

毎日散歩したくなる雰囲気が報国寺にはあり、境内には石塔やお地蔵さまなどがあり、苔の濃淡のコントラストの中で訪れる人が心静かに眺められる魅力がたくさんあるといわれています。

一木一草が歴史を語り、功名手柄をたてようといざ鎌倉と馳せ参じた若き武士たちの情念に思いを致しながら、竹林の中で静かに思い描くことができるのもこのお寺ならではといえます。

矢口敏和おすすめのシーズン

そんな報国寺のベストシーズンはその竹林が青々と美しい色をつける春から初夏の時期といえます。暑い日差しの時期でもこの中にいるとまるで時間の流れを忘れるような静けさの中にいることができます。そんな時間が流れているのが報国寺なのです。

アクセス

報国寺へはなるべく公共の交通機関を利用してアクセスするのがおすすめです。

駐車場は若干ありますが、報国寺は鎌倉駅からバスで約12分でアクセスできます。徒歩だと約40分かかります。

鎌倉中心部からは離れていますが、JR 鎌倉駅へは電車なら、東京駅からJR横須賀線直通で約60分、品川からなら約50分、新宿駅からJR湘南新宿ラインで直通 約50分でアクセスできます。

そして、京浜急行バスの鎌倉霊園 正面前太刀洗・金沢八景行きやハイランド行きで約12分、浄明寺バス下車後は徒歩3分で到着できます。車なら、横浜・横須賀道路の朝比奈インターから10分くらいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です